住宅購入時に発生する税金とは

subpage01

結婚や出産を機に住宅購入計画を立てる人は多いです。
その際土地や建物の価格の他に手続き費用やオプション費用など様々な支払が発生してきますが、その際忘れがちなのが税金です。


そのため住宅購入の際にどういった税金が発生するのかについて知っておくことで、効率よく購入計画をたてることができます。

まず挙げられるのがなんといっても消費税です。

これはどのようなものを購入しても基本的に発生するため、オプション本体の価格だけに着目し、見積を依頼してみたら予想外に高額になってしまったという自体も引き起こしかねません。

ただし下記の他の税金や土地の購入費用には消費税は課せられない点についても留意しておかねばなりません。
次に挙げられるのが不動産取得税です。

これは土地や建物を購入した際に発生するもので、おおよそ購入後登記を行い、3ヶ月程度で納付書が送られてきます。
ただし住宅建築用の土地購入であれば優遇措置を受けることができ、建物自体の控除額も非常に大きいので場合によっては発生しないこともあります。

最期に挙げられるのが登録免許税や固定資産税です。
登録免許税は物件の登記を行う際に発生し、基本的には司法書士報酬に合わせて請求されることになります。この価格は建物の規模や価値によって価格が前後するため、事前に見積り依頼を行いしっかりと建築計画の費用の一部として、予算内に組み込んでおく必要があります。
固定資産税は1月1日時点で土地建物を取得している人に課せられ、住宅購入が1月2日以降であれば1年間発生することはありません。

価格も特殊な計算によって定められるため、不安な方は一度市役所に建築する規模や図面などを見てもらい、相談しておくのも一つの手です。
このように住宅購入時には様々な税金が発生します。

予算を大幅に超えないためにも、事前にしっかり学んでおくことが重要です。

















関連リンク

subpage02














住宅購入の費用を可能な限り削減する方法

住宅購入には、通常数千万円の費用がかかるものです。中古住宅なら数百万円からでも見つけることができますが、新築物件なら一戸建てタイプのものでもマンションタイプのものでも、二千万円以上は軽くします。...

NEXT
subpage03














住宅購入を行う際の税金

住宅購入を行う際の税金としては、まずは購入時にかかる消費税はご存知かと思いますが、それだけではなく毎年資産を保有している事に対して固定資産税と言った税金が各市町村から徴収のお知らせとして届きます。お金の支払を行う部分としては、やはり住宅の購入を検討する事が出来れば、まずはしっかりと住宅の購入を検討していく中で購入費用以外でお金を用意して置く必要があります。...

NEXT