住宅購入の費用を可能な限り削減する方法

subpage01

住宅購入には、通常数千万円の費用がかかるものです。
中古住宅なら数百万円からでも見つけることができますが、新築物件なら一戸建てタイプのものでもマンションタイプのものでも、二千万円以上は軽くします。
高いものなら数億円するので、この費用をどれだけ圧縮できるかが焦点となります。


ただ、住宅購入費用は高いですが、高いからこそ工夫をすれば一気に数百万円もの得をすることができます。


方法はいろいろとあるので、知っておくだけでも違います。


まず、一番確実なのは国や自治体の制度を利用して費用を安く上げる方法になります。
通常、住宅購入をする場合には税金の優遇を受けることができます。
特に消費税アップなどの政治的要因にともなって不動産を買いやすくする制度が作られたときには、それだけで数十万円もの費用削減を狙うことができます。


現在であれば、すまい給付金や住宅ローン減税がそれに当たります。
国の制度なので条件を満たせば誰にでも使うことができて便利です。しかも額もそれほど低くはありません。

すまい給付金なら50万円が支給されることがありますし、住宅ローン減税も年間数十万円もの得になるケースがほとんどです。これらを組み合わせて使っていくだけでも、数百万円分は安く住宅購入ができるはずです。


耐震性能や省エネ性能に優れた家を購入するときには、一部代金の支払いが軽くなったりと、調べてみれば使える制度はいくつか見つけられるはずです。

















関連リンク

subpage02














住宅購入の費用として考えておくこと

住宅購入とは、莫大な費用がかかることになります。新築であれば、確実に2000万円以上になります。...

NEXT
subpage03














住宅購入を行う際の税金

住宅購入を行う際の税金としては、まずは購入時にかかる消費税はご存知かと思いますが、それだけではなく毎年資産を保有している事に対して固定資産税と言った税金が各市町村から徴収のお知らせとして届きます。お金の支払を行う部分としては、やはり住宅の購入を検討する事が出来れば、まずはしっかりと住宅の購入を検討していく中で購入費用以外でお金を用意して置く必要があります。...

NEXT