住宅購入に関わる税金の種類について

subpage01

憧れのマイホームを手に入れたい!と計画を実行に移した時に押し寄せて来るハードルはかなりの数に上ります。住宅購入に関する各種の費用、そして更に生活や通勤の利便性を十分に満たした最適なロケーションの確保等が真っ先に挙げられます。その中でも軽視してはならないのが住宅購入に関する各種の税金でしょう。
住宅購入に際して掛かる税金は主に4つで、不動産所得税・消費税・印紙税・登録免許税が挙げられます。


このうち建物としての住宅を商品として購入する際に掛かる消費税は最も理解し易いものです。


ただし土地自体には消費税は掛かりません。

近い将来に消費税が増税される見込みですが、いくら税率にして2パーセントの差とは言え高額な住宅ではかなりの金額差となりますから、掛け込みでの住宅購入も増えている訳です。
残りの不動産所得税・印紙税・登録免許税に関しては住宅を含め不動産を購入しなければ、殆どお目に掛かる事は無いでしょう。

不動産所得税はその名の通り不動産を新たに取得した時に支払う税金、印紙税はその際に交わされる契約書自体に掛かる税金、登録免許税はその後に不動産登記を行った際に掛かる税金となります。

税額の算出方法についてはそれぞれに適用される条件や計算式があり、結構複雑なものです。


また耐震基準に不適合な住宅を購入後に改修し入居した場合を始め減税措置を受けられるケースもあり、それぞれの条件について事前に十分確認の上購入を行うのがベストとなります。

















関連リンク

subpage02














住宅購入の際にはどのような税金が関係してくるのか

住宅購入は人生において大きな買い物の1つにあげることができます。不動産を購入する場合、民法の権利に関する事柄や法令上の制限、宅地建物取引業法に加え、住宅ローンや税金に関する知識も必要となってきます。...

NEXT
subpage03














住宅購入の費用を可能な限り削減する方法

住宅購入には、通常数千万円の費用がかかるものです。中古住宅なら数百万円からでも見つけることができますが、新築物件なら一戸建てタイプのものでもマンションタイプのものでも、二千万円以上は軽くします。...

NEXT