住宅購入の際にはどのような税金が関係してくるのか

subpage01

住宅購入は人生において大きな買い物の1つにあげることができます。



不動産を購入する場合、民法の権利に関する事柄や法令上の制限、宅地建物取引業法に加え、住宅ローンや税金に関する知識も必要となってきます。



住宅購入の際に関係してくる税金にはどのような種類があるのでしょうか?まず住宅購入を行った場合、市町村が課税する固定資産税、都道府県が課税する不動産取得税をあげる事ができます。



さらに不動産を取得した際には登録免許税や印紙税なども関係してきますし、不動産を贈与された、あるいは相続した場合、贈与税や相続税なども関係してきます。



住宅購入を行うに際しては非常に多くの知識が求められるため、取引を行う際には宅地建物取引業者を仲介することで安心したスムーズな取引を行うことができます。



宅地建物取引業者には主たる事務所の従業員5人に対して最低1人は宅地建物取引士を設置しなければならないと法律で義務付けられています。



国家資格である宅地建物取引士が勉強する範囲の中には不動産に関係する税についての知識も求められているため、不動産を購入する場合には専門家に相談する事で、申告忘れなどを防止する事ができます。
不動産に関係する税金は非常に様々であるゆえに支払う時期やタイミングをしっかりと理解しておく事が大切です。



そうする事により税に関するトラブルを避ける事ができます。



宅建業者を仲介して住宅購入の契約を締結する前には宅地建物取引士による重要事項の説明がなされますが、その際に税金に関する事柄で不明な点があれば理解できるように教えていただく事ができるので、不動産の購入を考えているのであれば失敗しない取引をするためにも不動産の専門家である宅地建物取引士を通す事をお勧めします。

関連リンク

subpage02














住宅購入に関わる税金の種類について

憧れのマイホームを手に入れたい!と計画を実行に移した時に押し寄せて来るハードルはかなりの数に上ります。住宅購入に関する各種の費用、そして更に生活や通勤の利便性を十分に満たした最適なロケーションの確保等が真っ先に挙げられます。...

NEXT
subpage03














ポンプ交換は電話一本で行なってもらえます

自宅や工場、会社などのポンプ交換を専門業者に行なってもらいたいといった場合、電話一本で依頼主の元に出張形式で駆けつけてくれる業者が日本全国に存在しているということを覚えておくといいでしょう。その場で下見や見積もりの製作を行なってくれるため作業前に支払うべき料金が確認できるようになっていますし、作業そのものもかなりの短時間で終わらせてくれる可能性が高いため、普通のポンプを新しい物に変える程度の依頼なら半日とかからずに終了するものと捉えておいてください。...

NEXT